MENU
マンガ名言

【仕事に効くマンガ名言】気が付いたら世界を救っていたような そんな旅がしたいんだ。

気が付いたら世界を救っていたような そんな旅がしたいんだ。
発言者:勇者ヒンメル
出典:葬送のフリーレン

こんにちは、うま吉です。

今日、ご紹介するのは『葬送のフリーレン』から勇者ヒンメルのセリフです。

さて、まずは『葬送のフリーレン』というマンガについて紹介させてもらいます。

魔王や魔物が跋扈するドラゴンクエストのような世界のお話で、主人公はタイトルにもなっているフリーレンというエルフの女性。

フリーレンは魔法使いで、勇者ヒンメル、僧侶ハイター、ドワーフの戦士アイゼン、と共に魔王を打倒します。

で、物語は魔王を倒した約50年後に、勇者ヒンメルが寿命で亡くなるところから始まります。この辺が他のファンタジーものとは少し違うところですかね。

エルフは1000年以上も生きるような、ものすごく長生きする種族なので、人間とは時間の感覚が違うんです。

そのため、フリーレンは「どうせ人間はすぐ死ぬし」と、人間について理解しようとしてこなかったため、10年一緒に旅をしたヒンメルのことを何も知らないことに気づき、後悔します。

ヒンメルを知るために死者と会うことが出来るという地を目指しフリーレンが旅に出る、と言ったお話で、道中で弟子を取ったり、仲間を増やしたり、勢力を戻しつつある魔王軍の残党と戦ったりと、ドラクエ3や4にハマった経験があるなら、グッとくるようなストーリーです。

ずっとシリアスでは無く、コメディ要素もあり、一話完結の回も多く、気楽に読めるマンガです。

うま吉

読みたくなった時にすぐにダウンロードして読める電子書籍はオススメです。

人気コミック絶賛発売中!【DMMブックス】

成功へのプロセスも楽しむ

先述の通り、ヒンメルは第一話で死んでいますので、ヒンメルのセリフは基本的にフリーレンたちの回想です。

ヒンメルは、ダンジョン(洞窟や迷宮など)は隅々まで探索するし、景色のいい秘湯があると、寄り道もします。

そして、道中困っている人を見捨てず、小さな人助けも積極的に行いながら、魔王を倒すための旅をしたのです。

旅の道中を思いっきり楽しんでいるのです。

出典:葬送のフリーレン 2巻

これは、夢や目標に向かって生きる私達にとっても教訓となる考え方だと思います。

ともすれば、夢をかなえるためには辛い思いをして、何かを犠牲にしないといけないと思い込んでしまいがちですが、

自分が好きだと思える事なら、楽しんで行うことが出来るはずです。

手強い魔物との戦闘など、辛い場面も数多く経験したヒンメルの仲間であるハイターやアイゼンも、「くだらなくて楽しい旅だった」と述懐しています。

ヒンメルのこういったポジティブな考え方のお陰で楽しく大事を成し遂げることが出来たと言えるでしょう。

自分のみならず、周囲の人まで幸せにするような、ヒンメルのような『面白がり精神』を持って生きていきたいものですね。

ABOUT ME
うま吉
40代サラリーマンで一児の父。大阪在住歴20年以上。休日にレジャースポットや歴史探訪などの街歩き。ラーメンを中心とした食べ歩きを楽しんでいます。家にいるときは書籍やマンガを読んだり、ゲームをしたりと日々を満喫しています。そんな私が「面白い」と思ったものを紹介させていただく、というそんなブログです。
RELATED POST
マンガ名言

【マンガ名言】今日できることをやらないで 誰かを見殺しにしたあたしを 明日のあたしは許せないと思うから / 未練に足を引っ張られて 恩人を見殺しにした俺を 明日の俺は笑うだろうぜ! / 俺以外の誰かにできたとしても 俺がやらずに逃げていい理由にはならねえんだよ!(BLEACH)

2023年7月14日
うま吉ブログ~人生、日々是好日~